大洞川吊り橋が色々と怖かった。【埼玉県秩父市の秩父湖】

 

 

 

遠くから見た大洞川吊り橋僕たちは今回、埼玉県秩父市の秩父湖にある大洞川吊り橋へ行ってきました。

この吊り橋に行く前は、「景色を景色を楽しめそうだな~」くらいの軽い気持ちだったんですが、あんなに色々な意味で怖い吊り橋だと思いもしませんでした。

この記事を見てくださっている方に、以下の点をお伝え出来たらと思い記事を書かせていただきました。

  • 大洞川吊り橋がどんな場所なのか?
  • どうやって行けばいいのか?
  • 行ってみた感想

前置き~大洞川吊り橋へ行った理由

大洞川吊り橋の入口

大洞川吊り橋に行った理由はたまたまです。

三峰神社に車で行った帰り道、彼女が秩父湖にある吊り橋を見かけたので行ってみることにしました。

吊り橋に行った後、吊り橋のことを調べたら彼女はきっと何かに呼ばれていたのかもしれない...と少し怖い気持ちになりました。

大洞川吊り橋

大洞川吊り橋と僕

埼玉県秩父市にある秩父湖に架かっている吊り橋です。

特に詳しい情報はありませんが、吊り橋ならではのスリル感と高さ、秩父湖、自然の壮大な景色を楽しめる吊り橋です。

こう見るだけでも、THE吊り橋と言えるような雰囲気がありませんか?

駐車場

車で訪れる場合は、数台停められるスペースがあります。

Googleマップではプレハブがありますが、僕たちが行ったときにはありませんでした。

この駐車スペースの端に【吊り橋入口】と書いてあります。

看板の指示に従って向かえば大洞川吊り橋に到着します。

大洞川吊り橋への道中

この道中は本当に危険です。

いや、こんな危険な道を歩くなんて思いもしませんでしたよ。

獣道で、足を滑らせて滑落したら残念なことになるかと思います。

本当にこれ道?と思う場所もありましたし...(;^ω^)

なので、大洞川吊り橋に行く場合は必ず歩きやすい靴を履きましょう!(ヒールなんて特に避けましょう)

大洞川吊り橋に行った方は、道中危ないと感じる人が多くいるようです。

そういえば...僕たちの前に足がスラっとしたヒールの履いた女性が【吊り橋入口】から入って行ったのを最後に見かけていない、あの女性はどこへ行ったのだろう...

大洞川吊り橋からの景色

大洞川吊り橋からの景色1

大洞川吊り橋からの景色2

大洞川吊り橋からの景色3

吊り橋を歩いてみると意外と揺れます。そして、なんだか少し不気味さを感じる吊り橋でした。

高所恐怖症の人は怖くて厳しい場所かもしれません。

そして、想像していたよりも老朽化していると言えばいいでしょうか?

本当に落ちないよね...?と思うような状況でした。

吊り橋を歩いているときの揺れる音は少し怖かったです。夜に行ったりしたら、もっと怖さを体験するのではないでしょうか?

それでも、景色はとても良くて楽しめてよかったです。

天気が快晴の日なんて特に気持ちの良い景色になるかと思います。天気だけでなく、季節によっても楽しむことが出来るスポットだと感じました。

吊り橋の奥は行き止まりになっていました。

なので、引き返しましたが、行けたとしても行きたくない雰囲気が漂っていました。行かない方が絶対に良いですね。

大洞川吊り橋の行き止まり

道が崩落している場所があったので、そのせいで行き止まりなのでしょうか?

大洞川吊り橋の感想

大洞川吊り橋は、吊り橋のスリルを味わいたい人にはピッタリな場所かと思います。

吊り橋だけでなく、道中もスリルがあるので探検などが好きな人には向いているのかもしれませんね。

けれど、やはり少し危ない場所だと個人的には思いました。

それでも景色はとても良い場所なので、景色としてはおすすめのスポットです。

ちょっとしたデートや観光スポットにもピッタリな場所かと思います。

ただ、やはり少し危ない場所でもあるので、行かれる際は十分に気を付けた方が良いと思います。

 

 

 

まとめ

  • 数台停められる駐車スペースあり
  • 大洞川吊り橋までの道は十分に注意
  • 歩きやすい靴を履く
  • 紅葉の時期は絶景だと思います!
  • 結構、揺れます
  • 吊り橋効果に期待できるほどスリルはありますが、それどころじゃない(笑)

しつこいかもしれませんが、大洞川吊り橋に行かれる際は十分に気を付けてください!

後日談

今回は大洞川吊り橋の情報を何も知らず、吊り橋を渡りました。

もちろん名前すら知らず...

この記事を書いているときに吊り橋について調べてみて、大洞川吊り橋という名前だったことを知ったわけですが、有名な心霊スポットだったんですね...

彼女は霊に呼ばれやすいタイプらしいです。

吊り橋を見つけたのも気になっていたのも彼女。

もしかしたら彼女は、何かに呼ばれていたのかもしれませんね。

後で聞いてみると、彼女は大洞川吊り橋が心霊スポットと知っていたようでした。

やられた...(笑)(;^ω^)