「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

 

 

2021年9月、僕は彼女と付き合う前に三島スカイウォークに行きました。

ここを選んだ理由としては、彼女にどこか行ってみたい場所があるか聞きました。

すると、三島スカイウォークと言ってくれたので「じゃあ、行ってっみようか」という軽い感じで決まりました。

僕自身、聞いたことはあったけれど周りの人から【混んでいる】【つまらない】なんて言葉をよく聞いていました。

その経緯もあり、下調べを念入りにしてみると【つまらない】というよりは、とても楽しそうな場所だなっていう印象の方がとても大きかったです。

ただ、調べている中で気になることがありました。

それは、【三島スカイウオーク】と調べると予測変換で三島スカイウォーク つまらない】とすぐに出てくることです。

知っている場所、知らない場所でも行く先のことについてはGoogleなどを使って調べますよね?

webはとても便利ですが、行ってみようと思った場所で急に【つまらない】と出てきたら不安になってしまいませんか?

僕はネットの情報をかなり参考にするタイプなので不安になりました。

家族や友人、恋人と出かけるのであればつまらない場所よりも楽しい場所に行きたいですよね。

同じように、少し不安になられた方や「三島スカイウォークってどんな場所なんだろう?」と思っている方に向けてこの記事を書かせていただきました。

 

 

そもそも、三島スカイウォークとは?

mishima-skywalk.jp

僕が変に読者さんに説明してしまうと「三島スカイウォークってつまらないかも...」と思われてしまうかもしれないから、簡単にご紹介させていただきます。

三島スカイウォーク静岡県三島市にある全長400mもある日本一長い歩行者専用つり橋とされています。

天気が良い日には駿河湾や富士山を一望できる場所なようで、綺麗な風景が好きな方にはたまらない場所なのではないでしょうか。

上記の公式サイトに詳しく分かりやすく三島スカイウォークについて書かれてあるので、気になる方は読まれてみてはいかがでしょうか?(^^)/

三島スカイウォークがどんな場所であって、どんなことが出来るのかを分かりやすく案内してくれているサイトだと思います!

正直、公式サイトにも力を入れている三島スカイウォークはとてもすごいなって思いました。

三島スカイウォークがつまらないと思われる理由

まず、はじめに三島スカイウォークがつまらない理由をすこし調査してみました。

絶景を期待したのに、天候不良で景色を楽しめない

もうこれは本当にその通りですよね! 公式ホームページに掲載されているような景色を期待していたのに天候不良で絶景を観ることが出来なかったらつまらないですよね。 だって、他の施設ではなくて吊り橋からの景色を目的に来たんですから...

橋を渡りたるだけで1,100円は高い

三島スカイウォークの入場料は大人で1,100円です。橋を渡るだけの目的だと少し高いかもしれませんね。絶景を観れたとしても料金に納得が行かずに気持ち的に「こんなものか...」で不完全燃焼してしまうようです。天気が悪くて絶景が観られなければ、ただ大きい橋を渡っただけで

天候が悪いと「つまらない」と感じやすい

三島スカイウォークには橋以外にも様々な施設がありますが、やはり橋から見える景色を目的に訪れている方が多いかと思います。

天気が悪くて絶景が見えないと、やはり面白くはないですよね。

 

 

 

天気が曇で三島スカイウォークへ

地元の当日の天気は曇り。

絶景が観えない「つまらない」と感じやすい日に行動してしまいました。

三島スカイウォークも曇りであることを覚悟しながら彼女と合流、高速道路に乗って

営業時間30分前くらいに駐車場に到着しました。少し早く到着したので問題なく駐車場に停めることができました。

そして、肝心な天気ですが太陽なんて出ておらず、どんよりしていました。

富士山を見ることだけでなく、風景を楽しむことを断念するレベルです。といいますか、三島スカイウォークの近くに住んでいる人なら風景が見れなくてつまらないから絶対に来ないかもしれませんね(;^ω^)

 

いざつり橋へ

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

営業時間になり、チケットを購入して入場しました。

この天気だからなのか...まだ営業したばかりなのか?

僕たちの他に数名しかいませんでした。

「あれ...曇っている日には三島スカイウォークに来るべきではなかった?」と少し不安になりました。

天気が悪くてもつまらないと感じなかった。

絶景と言えるほどの風景が見えないと思っていたので、口コミ以上につまらない内容になってしまうんじゃないかと考えたりしました。

しかし、実際に入場して吊り橋の近くへ行ってみると心配は無用でした。

曇りだから遠くまでの風景は見えませんが、日本一最長のつり橋ということもあって迫力がすごいです。

そして、とにかくデカい!

人間がこんなにデカい吊り橋を作れるって、単純にすごいですよね!

この日、風がとても強かったです。髪の毛がぐちゃぐちゃになるレベルでした。帽子を被っていく方は注意したほうがいいかもしれません。

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

実際につり橋を渡ってみると、曇っていても眺めがいいなって思えるレベルでした。

きっと天気が良ければ本当に絶景なんでしょうね!

僕らは遠くを見ても雲しか見えませんでした( ̄▽ ̄)(笑)

つり橋の真ん中はこんな風に下が透けて見えるので高所恐怖症の人にとっては少し怖いかもしれません。

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

揺れに関しては大きい吊り橋なだけあって、歩いていれば気にならないように感じました。立ち止まると揺れを感じるので怖い人はスタスタ歩いてしまう方が良いかもしれません。

この子はつり橋が楽しくてテンションが上がった結果、駆け抜けていきました。( ̄▽ ̄)

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

「楽しみにしていた三島スカイウォークなのに、良い風景が見れなくてつまらないと思っていないかな?」と思っていましたがそんなことはありませんでした。

吊り橋以外にも楽しめる

三島スカイウォークはつり橋以外にも楽しめる場所があります。

少し料金が高いかな?と思う料金設定もありましたが、観光スポットと考えたらしょうがないかなと思える内容でした。

何かしら自分たちで持って行った方が安上がりですが、その場で買う方が楽だったりしますよね。もちろん観光で訪れていれば観光に来ている感覚を味わえますからね。

 

 

吊り橋以外から風景を楽しむ

吊り橋以外からも風景が楽しめるスポットがいくつかあるので、散策して見つけてみることをおすすめします。

散策をしてみるのも楽しいですよ!

曇りの風景ですが、いくつかご紹介していきたいと思います。

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

撮影の裏側...

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

天気が快晴であればもっと見応えのある風景になるんだと思います。

ピクニックカフェ

朝早くから行動をしていたので、吊り橋の反対側に来た時点で小腹がすいて注文しました。

外にテラスを設置していて、外の雰囲気を味わいながら飲食をすることができますがこの時はお世辞を言っても席が綺麗と言えないほど汚かったので使う際には席の状況から使いましょう。(誰が使って汚くなったというわけではありません)

営業時間から行ってこの状況だったので少し残念に感じた部分でした。ただ、軽食は普通においしかったですよ!

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ


そらソフト

変わった色のソフトクリームで興味本意で購入してしまいました。

値段はやっぱり観光スポット価格と味でしたが、面白いものを食べたられたので満足でした!

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

 

ふろっくー 福時計 ー

動物と触れ合えるということで気になって入ってみました。

規模が小さめだったり、いる動物が少ないかな?と感じた部分はありました。

それでも、特にフクロウとの距離が近くて触れることもできるので少し楽しむ場所としてはいい場所なのではないかと感じました。

フクロウ好きにはたまらない場所かと思います!

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

ウィンクしてくれてた!かわいいですよね(*´▽`*)

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

 

スカイガーデン

ショップや軽食、ドリンクを楽しめる場所です。

それ以上にこの中の空間がとても綺麗で少し立ち寄るだけでも楽しい場所かと思います!

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ

「三島スカイウォークはつまらないの?」と気になっている人向けのまとめ


その他の場所

僕たちが三島スカイウォークで楽しんだ場所は以上になります。

他にもフォレストアドベンチャーやジップラインなど楽しめる場所があって、フルで楽しもうと思えば三島スカイウォークだけでも十分に1日遊べる場所かと思います。

それに、三島スカイウォーク南エリアにラグジュアリートイレというトイレがあります。他のトイレに比べてとても綺麗で驚かされました。

トイレをおススメするもの変かもしれませんが、記念になるくらいお洒落なといれなのでぜひ立ち寄ってみてください!

 

もし、三島スカイウォークに行かれる場合は事前に公式サイトの園内マップを確認して計画を立ててから行くとより楽しめるのではないでしょうか。

 

三島スカイウォークを楽しく過ごす為の秘訣

ポイント!
  • 三島スカイウォークに行く前に、天気を確認する
  • デートならスカートや歩きづらい靴は避ける
  • 雨の日は吊り橋では傘が使えないので注意!!(代わりに窓口でカッパを無料で貰えるようです。)

 天気が良ければ絶景も見ることができ、ジップラインやフォレストアドベンチャーなどのアクティビティもより一層楽しめるのではないでしょうか。

また雨の日には吊り橋で傘は使えませんが、代わりに窓口でカッパをプレゼントしていただけるようなので嬉しいポイントです。

傘の貸し出しも行っているようなので、吊り橋を渡り切った後にカッパを脱いで傘を使う選択肢も出来るから不便なく楽しむことが出来るかと思います。

 

三島スカイウォークに持っていくのにオススメな物

三島スカイウォークに限った話ではないですが、綺麗な景色は記念に写真を撮りたくなりますよね!

もちろん、風景だけでなく家族や友達、恋人と絶景をバックに記念写真を撮りたいと思います。

そんなときに自撮り棒があると便利です。

「今さら自撮り棒?!」と思われるかもしれませんが、自撮り棒も進化しています。

持って撮影することもできますが、地面に立てて撮影したりリモコンが付属していることで多種多様な使い方が出来ます。

普段、自分の手では取れない角度で風景と映し出すことが出来て「写真を撮る」楽しみも十分に味わうことが出来ます。

Amazonでも様々な自撮り棒が販売しているので、持っていない人、持っている人も「今の自撮り棒ってどんな性能で、どのくらいの価格なんだろうか?」と少しでも気になる方は下調べをおススメしたいバリエーションでした。

小さくて運びやすく、立てても安定して機能的にも幅広く使える製品だと思いました。それに加えて、下の商品は63offでかなり安くなっていたので驚きました。(2022年11月14日時点の情報です。)

 

まとめ

人によって【楽しい】【つまらない】の感覚はやっぱり違うもので、実際に行ってみなければわからないと思います。

僕が感じたこととしては、スポットをゆっくり楽しめる人にとってはとてもいい場所だと思います。

スピード感を持って楽しむ方にとっては、ただ富士山とかが見える大きい橋を渡ってきただけに感じてつまらないと感じてしまうかもしれません。

ちょっとした変化だったり、時間の流れを楽しめる人には向いている場所だと思います。

でも、どうせなら晴天の日に三島スカイウォークへ行った方がより楽しいと思うので、ぜひ天気を確認してから行かれてみてください(≧◇≦)

以上、これから三島スカイウォークに行かれる方は楽しんでくださいね!